reports-cropped.jpg

Webrain Reports Archive

#217 – The Future of the Connected Economy: 5G and Beyond

5Gは、既存のデータ通信や音声通信を大幅に改善するだけでなく、収益性の高い新しいユースケースを生み出す革新的な技術として注目を集めている。この5Gの実用化が進む中で、実際に増えてきている活用事例について解説をしていく。一般的には、携帯電話の5G対応という通信速度の向上などの利点で注目を集めているが、Webrainでは5Gによる最も大きな影響は産業分野向けで起きると考えている。なぜなら、5Gの「超高速・大容量通信」や「超高信頼・低遅延」によって、産業システムをより効率的に稼働させて生産性を高めることができるからである。このレポートでは、次の5つの産業分野における活用事例を紹介する。

  • ヘルスケア:遠隔医療や遠隔手術がより現実的なものとなる

  • 製造業:ミリ秒を切るような遅延になることで、生産ラインがさらに最適化ができる

  • 自動車産業:自律走行車同士の瞬時な通信によって、安全性と信頼性を大幅に向上する

  • 店舗販売:業務プロセスの自動化により、実用的な洞察をリアルタイムに得ることができる

  • エンターテインメント:バスケットボールのような動きの激しいスポーツを、複数の視点から瞬時にファンに配信する

 

また5Gが普及し始めたばかりにも関わらず、研究者たちは次の6Gを見据えた取り組みを既に始めており、WiFi 7 など新しい無線LAN基準と併せて初期仕様が提案され始めている6Gの動きについても紹介をする。6Gの実現は5年から10年先のことだと予測されているが、企業のテクノロジーロードマップを考える際には、今から意識しておくべきだろう。