reports-cropped.jpg

Webrain Reports Archive

#216 – Sales Tech: Data-enabled Trusted Engagement

どんなに優れた商品があっても、その商品を上手く売ることができなければ会社は成功しない。営業部門は、大切な顧客との接点を持つと同時に企業の収益を支えている。営業がなければ会社は成り立たないのである。これまで人と人との対面でのコミュニケーションに頼ってきた営業部門が、継続してより多くの見込み客と接し、より多くの商談をまとめ、より多くの売上を確保するためには、どうすれば良いのだろうか? セールステックは全く新しい考え方ではなく、既に2つの種類のツールが主流になっている。1つは、繰り返しで手間の掛かるタスクを自動化することで営業担当者の負担を減らし、商談の成立に集中させるセールス・アクセラレーション、もう1つは、セールス活動でパーソナライズされた人間的な接し方を可能にするためのツールで、顧客との高い信頼関係や相互理解を醸成するためのセールス・イネーブルメントと呼ばれるツールである。このレポートでは、他にもソーシャルメディアのチャネルを使って顧客と接し、顧客についての理解を支援するソーシャル・セリング、高度にパーソナライズされた自動対話によって、初期段階の見込み客とのエンゲージメントを高めるAIチャットボット、そして、パーソナライズされたトレーニングによって営業担当者の販売スキルを最適化するセールス・コーチングについても解説する。