reports-cropped.jpg

Webrain Reports Archive

#215 - Edible Intelligence: Data-driven AgriFood Revolution

世界人口は増加を続けており、2024年には80億人に達すると予測されているが、その一方で、食料の栽培や生産に利用できる耕地は減少しており、過去45年間で3分の1も減っている。私たちは今後より少ない天然資源でより多くの人々に食料を供給しなければいけない。幸いなことにテクノロジーは、食糧生産のプロセス全体をより効率的に、より迅速に、そしてより安価にする新しいツールを私たちに提供しようとしている。このレポートでは次の5つの分野でテクノロジーの役割を見ていく。それらは、農地での生産性を向上させる「ファーミング・インテリジェンス」、冷凍技術、選別・保存システムを含む「フード・プロセシング・インテリジェンス」、サプライチェーンの各段階で食糧廃棄物を最小限に抑える「フード・サプライチェーン・インテリジェンス」、健康な食品の味を最適化する「フレーバー・インテリジェンス」、そして全ての工程を効率化させる「オペレーション・インテリジェンス」である。また、食べ物と私たちのDNAの関係を理解するための研究が進んでおり、人間の遺伝子が栄養素にどのように反応するかを研究するニュートリジェネティクス(栄養遺伝学)や、栄養素が人間の遺伝子にどのような影響を与えるかを研究するニュートリゲノミクス(栄養ゲノム学)についても触れ、データ指向のテクノロジーが、世界の食糧問題をどのように解決していくかを見ていく。