reports-cropped.jpg

Webrain Reports Archive

#212 – Innovative Education/Training with AI Technology

人工知能(AI)は、様々な産業において広く利用されるツールとして成長しているが、教育産業においてのAI の進歩はまだあまり知られてない。AIを活用した教育ツールは急速に普及しており、一般的には次の3つのカテゴリーに分類される。1.AIが反復的な業務を代行することで、教師の自由な時間を増やし、生徒と直接対話できる時間を確保する「スマートコンテンツ」、2.生徒一人ひとりの学習ニーズに合わせて教材をカスタマイズする「インテリジェント・チュータリング・システム(またはアダプティブ・ラーニング)」、3.生徒にバーチャルなインターフェースを使った環境を提供する「バーチャル・ファシリテーター」や「バーチャル学習環境」。教育の現場に技術的なツールを採用する場合に議論の中心となるのが、生徒の学びの過程においてどのような種類の能力をそのツールによって習得することができるのかを理解することである。数学や空間処理能力などの認知スキルは、テクノロジーの創造や活用と深く関連しており、AIツールを採用しやすい。しかし、非認知スキルであるサービススキルや社会的スキル、そして非定型的な推論を含むスキルはどうだろうか?テクノロジーはこの非認知スキルの習得までカバーをし始めてる。今回のレポートではAIを使った革新的な教育やトレーニングに焦点を当て、教育産業におけるAIの現状と将来の方向性について分析する。