reports-cropped.jpg

Webrain Reports Archive

#209 – Longevity Economy: New Normal for Seniors

歳をとることに対する考え方が変化している。これまでの老化に関するイメージは、座りがちな生活や健康上の問題を抱えて生きるというものであったが、今日の高齢者はこの固定観念が急速に時代遅れになろうとしていることを証明している。2050年までに、地球上の100歳以上の高齢者は現在の8倍にあたる360万人になると予測されている。健康的に⻑⽣きすることは、若い状態が⻑続きすることを意味しており、これまでの70代は新しい60代に、これまでの40代は新しい30代に変わっていくのである。日本の沖縄では、島民の2000人に1人が100歳代である。沖縄の人々は「生きがい」を大切にして生活しており、この言葉は「朝起きる理由がある」と解釈されている。結局、世界中の人々にとって長寿とは、労働者、退職者、そして消費者として、より多くのことを楽しむことができるという意味である。このトレンドには、長寿経済、ヘルシー・エイジング、アクティブ・エイジング・テック、エイジテックなど多くの用語が使われており、これらの市場は大きく成長している。ある予測では、世界の高齢者経済が2025年までに27兆ドルに達すると報告されている。驚くことではないが、Apple、Amazon、Googleなどの大手IT企業はすでエイジテックに参入している。あなたの会社がどのような産業にいるとしても、高齢者が社会や経済で果たす役割の変化を理解することは非常に重要である。