reports-cropped.jpg

Webrain Reports Archive

#202 – Plant-base Foods and Clean Meat

常に食品は生きていくための必需品であった。しかし我々の祖先が栄養を確保するために狩りをしたり食料を探したりしてきたのと異なり、今日我々は技術を使って食料をより効率的に収穫し、保存し、消費することができるようになっている。ここ最近の食品技術の進歩によって、人類だけでなく地球環境にも優しい食品を商業規模で提供することが可能になってきている。この目標の達成に向けて、食品産業では次の2つのトレンドが起きている。一つは植物を使った新しい食物生産方法である。植物ベースの食品業界は既に長年の経験を蓄積しており、新興の企業がその製品の質や製造プロセスを改良し続けている。もう一つはクリーンミートである。これは遺伝子技術や生物化学の技術を用いてラボの中で細胞から培養される肉のこと指す。クリーンミート業界は植物ベースの食品産業に比べて経験が浅いが、新しい製品を急激に開発しており、この業界のプレーヤーはクリーンミートが将来の食料供給の主力になると期待している。どちらのトレンドも健康的な食生活を望む人の代替食品であり、環境への負担を最小限に抑えるための手段であるという点では共通している。技術がフードチェーンを変革するにつれて、これまで考えてこられなかった手法での新しい製品やサービスの供給が可能となり、ビジネスの成長機会は広がっている。次のあなたの企業のビジネス機会は人々の食卓の中にあるのかもしれない。