reports-cropped.jpg

Webrain Reports Archive

#200 – Beyond Taste as We Know It

食品産業では、従来とは異なる手法で食べ物を扱う技術が登場している。その中にはテクノロジーが食べ物の味を測定し複製するというものもある。実際にフードテックの世界市場は 2022 年までに 2,500 億ドル規模にまで成長すると予測されている。しかしなぜ味覚が重要なのか。私たち人間の祖先は、味覚を通して安全な食べ物と害や毒をもつ食べ物を識別する能力によって生き延びてきたと言われている。今日では、人間が自然界で狩猟採集を行うことは少ないが、味覚は私たちの生活をより豊かにする可能性が残っている。健康的な食事よりもジャンクフードを好む人は、肥満や糖尿病などの深刻な病気を患うことがある。物理学者の Richard Feynman 氏は「ナノスケールの領域(Bottom)にはまだ多くの興味深いことが存在している。」と話し、原子のレベルで物質を操作することが可能であると提唱したが、フードテック企業はこの彼の理論を活用していると見られる。試験管の中で動物細胞から食品を培養したり、化学物質を用いてワインの精確なレプリカを製造したりするフードエンジニアリングによって、フードテック企業は味だけでなく価格の面でも米国の中流階級の人々を惹きつけようとしている。