reports-cropped.jpg

Webrain Reports Archive

#199 – Faceprint: Power of Convenience

今日では顔認識技術(FR)はどこにでも存在しているように思われる。FRの活用には議論を呼ぶものがあり、それはカメラとAI技術がセキュリティーや警察組織に導入される場合である。その一方で、消費者に対して特定のベネフィットを与えることを重視したアプリケーションも増えており、常に混雑する空港の搭乗手続きを効率化するために開発されたシステムもある。Appleは人気商品であるiPhone XのFace ID機能を通じてFRを消費者に提供しており、Google やFacebookも自動で画像内の人物にタグ付けを行う機能にFRを導入している。ただし、米国ではFRに関するプライバシーの問題が背景にあり、多くの人は未だにFRの活用方法(特に政府が監視アプリケーションにFRを用いる場合)に不安を抱いている。しかし、この状況は変化するかもしれない。中国は、国全体としてプライバシーに対してより寛容な姿勢をもっており、早いタイミングで公共の場でのFRアプリケーションの導入を行っている。もしかすると、アメリカや欧州各国は中国との技術競争を優位に進めるために、幅広い商業用のFRを実装しているのかもしれない。FRは精度の向上と価格の低下に伴って、従来の軍事や政府機関での活用を維持しながら、商業向けの実装にも活路を見出していくとWebrainは見ている。FRが個人の顔のユニークな特徴を抽出することで、消費者はより早く、安く、そしてパーソナライズされた形で製品やサービスにアクセス出来るようになる。WebrainはこれをFaceprint – the Power of Convenienceと呼んでいる。ユーザーの顔の情報によってベネフィットや利便性が享受できるように消費者行動が変化するこの時代に、あなたの企業はこの注目の技術を活用する準備はできているだろうか。