reports-cropped.jpg

Webrain Reports Archive

#197 – Visibility of Things 

IoTデバイスと位置情報を組み合わせるといったLoT (Location of Things) はロケーションインテリジェンス市場と呼ばれることもある。LoTを用いたアプリケーションはGPSだけを使った技術よりもより安価により幅広いロケーションに関する情報を収集できるため、LoTによってもたらされるコストカットは何千万もの膨大な数のデバイスやセンサーを配備しようとしている企業を魅了することになる。LoTの重要な要素は「接続性」にある。多くのプレイヤーが独自のネットワークまたは既存の携帯電話インフラを活用したネットワークを用いて一連のソリューションを提供しようとLoTの分野に参入している。位置ベースサービスとIoT、AIクラウドサービスの戦略的な組み合わせは、WebrainがVoT (Visibility of  Things)と呼ぶ新しい分野を生み出している。すべてのアセットの位置や状態を正確に把握し、的確に視覚化することが出来れば、カスタマーの求めるものと企業が実際に提供するもののギャップを埋めることができ、より高いレベルでのサービスや商品を構築できる。今回のレポートではVoTがもたらす新しい市場とその可能性について解説することにする。