reports-cropped.jpg

Webrain Reports Archive

#195 – Convergence of Ownerless Mobility

消費者は自分で自動車を所有せずにUberのようなライドシェアを好むようになり、交通や移動におけるビジネスモデルは劇的な変化を遂げている。バンクオブアメリカは、私たちが車を所有する時代のピークに到達したと分析をしている。Mobility as a Service (MaaS)によって移動することがサービス化され、多様な交通手段を駆使することで継ぎ目のない形でドアからドアまでユーザーに移動というサービスを提供出来るようになったからである。このレポートでWebrainは、これまでのアメリカでGDPの大半を占めていた自動車産業が、今後どのように新しい技術によって変化し淘汰されていくのかについて解説をしていく。Webrainは、このITによって導かれるトレンドを所有しないモビリティへの収束と呼んでいる。一世代前にパーソナルコンピュータがタイプライター市場を時代遅れにしたような産業の変革に直面しているのは自動車産業だけではない。駐車場、都市開発、金融機関、石油精製所などの交通に少しでも関連する全てのセクターがその影響を受けるだろう。同時にモバイル技術、5G、AI、センサー技術といった新しいソリューションを手掛ける企業はこの新しい時代での存在感を急激に高めていくだろう。この破壊的イノベーションがあなたのいる産業にも影響をあたえるかもしれない。