reports-cropped.jpg

Webrain Reports Archive

#193 – Actionable Farming Intelligence

農地は最先端のデジタルテクノロジーが多く投入される場所ではないと一般的には考えられてきたが、実際には農地は最もデジタル化された場所の1つとして急速に注目を集めている。従来のデジタルツールは農業従事者に豊富なデータを与える一方で、本当に有益な情報を提供できていなかった。しかし、いまの農業インテリジェンス(AFI:Actionable Farming Intelligence)の時代では、企業がビジネスインテリジェンス(BI:Business Intelligence)によって利益を得るのと同じ手法で、農業従事者も農業データを活用して利益を得ることができるとWebrainは見ている。BIやデータの可視化、ダッシュボード、予測分析といったデータ活用のコアとなる考え方は、AFIが農場で集められたデータを農作業に直接的なベネフィットをもたらす実用可能なインサイトに変換することを可能にしている。その影響は農地にとどまらず、食品流通業者や卸売業者、加工業者、レストラン、食料品店という食品サプライチェーン全体にまで及び、AFIがもたらすプロセスの改善によって利益を得るだろう。今回のレポートでは、成長するAFI市場を支える新しい技術について紹介する。