reports-cropped.jpg

Webrain Reports Archive

#192 – The Responsive City

スマートシティとはあらゆる都市機能が完全に1つに繋がり、SF映画のような体験を日常生活にもたらしてくれるデジタル都市のことである。幾つものスマートシティ計画が世界中で行われているが、完全な施行を実現することは現段階では難しい。しかし、その実現に向けた動きはあるようだ。現在、都市プランナーは市民の特定のニーズに応えるというボトムアップの手法でスマートシティの実現を目指している。Webrainはスマートシティは最終形態ではなく、むしろ市民ニーズにリアルタイムで応えて相互連結性を提供するレスポンシブシティの実現に向けた足掛かりであると分析している。リスポンシブシティーの実現を後押しする要因は市場性である。今後20年間でレスポンシブシティは1. 5兆ドルものビジネスを生み出すと推定されている。レスポンシブシティに不可欠なデータを都市全体で共有するために必要なインフラ、センシングネットワーク、データ処理能力を提供する企業は、この1. 5兆ドル市場のシェアを獲得しようとして動いている。