services-background_edited_edited.jpg

Global Business Enhancement Program

Strategic  Communication Service (SCS)

日本企業と英語圏の企業の間では、言語や文化の違いから、双方のコミュニケーションが曖昧になったり、やり取りが不十分なまま終わってしまうことが多々起こります。

 

これらの失敗は、リモートでの電話会議やTV会議、またメールでのやり取りでも起こります。さらに当事者間での議論が停滞し、お互いのフラストレーションがさらに関係を悪化させ、経営陣がパートナーシップの進捗に焦りを感じて失敗につながることも多々あります。


Webrainでは、このような言語や文化的なコミュニケーションの障害を克服するための支援を提供しています。ストラテジック・コミュニケーション・サービス(SCS)では、適切なコミュニケーション・プロトコルの開発を通じてメッセージが正確かつ容易に理解されるように支援します。また、現地のエグゼクティブ、戦略的パートナー、顧客、ベンダー、そして市場との間で最適なコミュニケーション・チャネルの構築についての助言も提供しています。


このサービスの強みは、広報(PR)、顧客やベンダーとのコミュニケーション、危機管理などの外部コミュニケーション戦略から、社員や子会社の経営者との内部コミュニケーション戦略まで、一貫した支援をオンデマンドで提供できることです。
コミュニケーションはビジネスを円滑に進めるために必要不可欠なものです。Webrainでは、経営陣との緊密な連携を通じて、みなさまのメッセージを洗練させ、通達、方針、質問などをより明確にすることで、戦略的で効果的なコミュニケーションを実現する支援しています。戦略的で効果的なコミュニケーションは、最大の防御であると同時に最大の攻撃にもなり得ます。