reports-cropped.jpg

Webrain Reports Archive

#205 – Blockchain’s New Opportunities

ブロックチェーンをビットコインと同じものであると考える人も多い。また、ブロックチェーンはビットコインを支えるために開発された技術に留まらない。ブロックチェーンがもつユニークな構造的特徴は、思いもよらない団体によって意外な形で応用されている。ブロックチェーンを支持する人々は、その構造的な特徴である分散型台帳技術が、信頼の構築・維持を支援するために役立つと主張している。この構造は、データの保護、サービス提供の最適化、成果物の明確化、さらにアカウンタビリティー(説明責任)を担保することも可能にしている。これは、私たちが数年前には想像できなかった用途でこの技術が力を発揮する可能性を意味している。また、もっとも期待が高まっているのは、ブロックチェーンがビジネスだけでなく人道支援の領域でも応用されていることである。今回のレポートでは、ブロックチェーンの新しいアプリケーションと、企業がどのようにこの技術に向かい合うべきかという専門家の意見を紹介している。Webrainでは、次の3つのカテゴリーに分けてブロックチェーン技術を紹介している。それらは、信用を担保しながらコストを削減するためのアプリケーション、あらゆる種類の財産の所有権を安全に移行したり、どんなサイズの取引も安全に処理するためのアプリケーション、そして社会的な問題を解決するためのアプリケーションである。さらに、ブロックチェーンの導入や運用に掛かるコストやブロックチェーンによって削減されるコスト、また消費者反応についても議論している。特殊な状況下でデータを安全に扱う必要性が高まるにつれて、人道支援団体を始めとする多くの団体がブロックチェーンを様々な形で活用する方法を探っている。ブロックチェーンは人類を救うだけでなく、それがもつ効率性と安全性によって利益を追求する企業にも恩恵をもたらすことができるのでしょうか。